安曇野カンポンLIFE 

kanponlife.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 29日

マングローブな釣り

d0083145_8263266.jpg

カライワシという魚、たぶん内地ではほとんど見かけない魚、1メートル近くになるらしい。
奄美大島の住用(すみよう:現奄美市)の住用川・役勝川河口に広がるマングローブ帯で釣った。

この両河川には奄美にしか暮らさないリュウキュウアユが遡上する。
ちなみに沖縄のリュウキュウアユは環境の悪化により絶滅してしまった。

この二つの川の河口には広大なマングローブ帯が広がっている。
西表島のマングローブ帯に次ぐ日本第2の規模とのこと。

干潮になると簡単にマングローブ帯に入ることができ、ルアーを様々な魚が負う。
満潮の方が魚は入ってきているけれど、カヌーが無いとつらい。
干潮の釣りはポイントが絞りやすい。

チヌやガラ(シマアジの子ども:内地で言うメッキ)がよく釣れた。
どんなルアーでも食ってきたけど、トップでペンシルやポッパーが楽しい。
よく走り、よく飛び、ナイスファイターです。

この魚でゴーマルぐらいでしょうか。


d0083145_8272974.jpg


masaのフォトライブリー

人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
[PR]

by masa_kanpon | 2010-06-29 20:52 | 奄美な旅
2010年 06月 28日

65年前の記憶

d0083145_2216175.jpg

ショートステイを定期利用されている女性の利用者、認知症で徘徊、異食、拒否などBPSDも強い方。

自宅へ送迎する際、いつもと違って、とても穏やかな表情をされていた。
話の流れでその方の生い立ちの話となり、

「○○学校を出て、東京へ行った」
「東京で空襲に合って、近くの人はみんな死んでしまった」
「一晩中水の中にいて、私は助かった」
「とても怖かった、とても冷たかった」

そして、「もうあんな思いはしたくない」と。

1分前の短期記憶も不確かな方だけれど、65年前の記憶は鮮明で、しかも辛い記憶を抱えながら、今を生きて見えるということを知らされた。

最後に「わざわざ送ってくれて、悪いね」と。
僕たちはそんな方々の支援を行っている。

その穏やかな気持ちと表情は、きっと施設でのショートステイを心穏やかに過ごすことができたが故だと僕は思っている。
介護員さんの関わり・支援の結果だと。

送迎から戻ると、対応していた介護員さんから「いつもと送迎のとき様子違いましたか」と。
送迎前には「そろそろ彼氏が帰ってくるから迎えに行かなくては」と仰っていたとのこと。
その穏やかな表情で。

介護員さんも、いつもと違う様子を感じ取っていたようで。
どちらにしても、心穏やかに過ごされていたのでしょう。



本日は相当に蒸し暑い一日でした。
職場で草抜き作業まであって、ますます蒸す一日でした。
でも、そんな些細なやりとりで、とても心地いい一日となりました



masaのフォトライブリー

人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
[PR]

by masa_kanpon | 2010-06-28 22:56 | 安曇野な仕事
2010年 06月 27日

旅と釣りと子育てと

d0083145_22232574.jpg

旅と釣りと子育てしながら暮らせれば、それはスバラシイ。
まあ、かなりそれに近い状態かもしれないけれど、旅不足か?
いつ仕事するんだ?(ちゃんとしております・・・)

テンカラも興味ありありやけど、まだ手付かず。
メコンって響きは、やっぱりいいなぁ。

この雨はかなりヤマメを刺激するはず。
そろそろ本格的に遡上モードなはず。
狙いはあそこと、あそこと、あそこ。
週末まで待っててねー。


masaのフォトライブリー

人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
[PR]

by masa_kanpon | 2010-06-27 22:28 | 活字中毒的愛読書
2010年 06月 26日

土曜参観

d0083145_21245226.jpg

本日は保育園の参観日でした。
ムスコくんと過ごす保育園での時間は、僕にとっても、とても楽しい時間でした。

家で得意気に披露する歌や手遊びなどなど、保育園で普段からお友達と先生と一緒にやってたんやなーと妙に嬉しくなったり。

パパとママを前にしてお友達と並んで一生懸命歌う姿に、あの甘えん坊がこの2ヶ月でお兄さんになったなーと妙に感慨深くなったり。

保育園に通いだしてから、親と過ごす時間より保育園で過ごす時間の方が多い訳で、きっと一日一日が成長の日々なんやろなーと実感したり。



masaのフォトライブリー

人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
[PR]

by masa_kanpon | 2010-06-26 21:38 | 家族
2010年 06月 24日

尺ヤマメ2号&3号

d0083145_2128216.jpg

いやーこれはもう、待ちに待った、ヤマメシーズンインですねー。

まさかのギリギリ尺ダブルで2号&3号!プラス9寸&8寸!
同じ流れの筋、ほぼ流心から、大きい順に。

居付き系ヤマメですねー。
8月以降なら更にサイズアップしてそう。

アタリは明確、相当に高活性。
興奮してアワセ失敗空振りしまくり・・・。

定位している位置にエサを流せば、ほぼ食ってくる感じ。
ヤマメラインなので、ウグイは無し。

さあ、これからはヤマメ一筋で行きますよー。

d0083145_2281874.jpg



masaのフォトライブリー

人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
[PR]

by masa_kanpon | 2010-06-24 22:38 | 安曇野な釣り
2010年 06月 23日

木のトンネル

d0083145_22175441.jpg

春夏秋冬、僕とムスコくんの大好きな森の散歩道。
遊歩道の隣には渓流が流れていて、ここを歩くと森と川のミックス冷気が気持ちいい。

「木のトンネルだー」と駈け出したムスコくん。
そうかぁ、大人には「木のトンネル」って言う発想はないよなぁ。

往復1キロほどの散歩道、ムスコくんは蛇行と寄り道で、たぶんその1.5倍ぐらい。
今回はリスさんに会えなかったけど、また次に会えるといいね。
稀にクマさんも出るらしいですが・・・。





masaのフォトライブリー

人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
[PR]

by masa_kanpon | 2010-06-23 20:39 | 家族
2010年 06月 22日

もどかしさ

d0083145_22192085.jpg

特養の施設ケアマネの業務の一つとして、「入所相談・入所受け付け」がある。
大勢の方が相談・受け付けにみえる、電話での問い合わせも同程度。

特養へコンタクトを取った時点で、多くのご家族は既に困ってみえることがほとんど。
居宅ケアマネや病院の相談員からの紹介であることも多い。
ほとんどのご家族が他の施設も重複して申し込まれている。

できる限り時間を割き、施設内を案内し、入所判定や施設概要等をできる限り丁寧に相談を受けるように努めている。
できる限り相談者に話をしていただき、情報をお持ちでない様子があれば、できる限り地域の情報をお伝えしている。

だけど、肝心の当施設の待機者は三桁台・・・虐待や災害等特殊なケースを除き、到底すぐの入所は現実的に難しいと伝えざるを得ない・・・本当に相談者が望んでいることをかなえられない、そのもどかしさ。



だからこそ、入所されている利用者とご家族には、安心できる生活、当施設を利用して良かったと本心で思ってもらえる仕事をしていきたいと常々思う。




※①写真と文章の内容には関連性は全くありませんが、そこをあえて言うならば、「河童のムスコは、やっぱり河童のようで水辺が好きなようだ」という写真ということ。

※②同業者釣友A氏より、「ヨンマル近いヤマメにダッシュされバラシタ」と緊急業務連絡速報あり、それは仕方がないのでワタクシがリベンジして差し上げましょう。



masaのフォトライブリー

人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
[PR]

by masa_kanpon | 2010-06-22 20:10 | 安曇野な仕事
2010年 06月 21日

夏至の安曇野の夕暮れ

d0083145_21203562.jpg

6月21日今日は夏至。

まだ梅雨に入ったばかりで、これからまだまだ暑くなると言うのに、今日を境に昼間の時間が少なくなっていくというのは、なんだか変な感じだけれど。

そんな夏至の夕暮れ、家路を急ぐ仕事帰りの北アルプスを一枚。



masaのフォトライブリー

人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
[PR]

by masa_kanpon | 2010-06-21 22:14 | 安曇野な暮らし
2010年 06月 21日

シッポカエル捕獲大作戦

d0083145_9534737.jpg

先週に引き続き、ムスコくんと近所の田んぼへオタマジャクシを捕獲に行く。
実は田んぼによって、オタマ・カエルの密度にかなり差がある。
以前から狙いを定めていた田んぼへ直行。

おる、おる、よーけおる。
狙い通りに大漁。
もしかすると、ムスコくんより親の方が真剣かもしれない。

タイミング的に足付きオタマ、尻尾付きカエルがたくさん捕れた。
そーいえば、この状態のカエルって久しぶりに見たなぁ。
自宅に持ち帰りまして、ムスコくんしばらく、もてあそんでおりました。
d0083145_9542020.jpg




masaのフォトライブリー

人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
[PR]

by masa_kanpon | 2010-06-21 09:55 | 家族
2010年 06月 19日

石敢當にまつわる話など

d0083145_1435378.jpg

沖縄の石敢當は有名(ごく一部で)だが、奄美も集落に入るとかなり見かけた。
鹿児島でもそれなりにあるらしい。
中国文化の影響らしい。
T字路とか三叉路のつきあたりに鎮座していることが多い。

なんとなく僕はこの石敢當が好きで、沖縄でも奄美でもたまに写真に撮ったりしていた。
写真は瀬戸内町の阿木名集落。

以前に、って相当昔だけれど、下川裕治さんの本を読んでいた時、コラムに石敢當が話題に上がっていた。
ふと久しぶりにその本を読み返して、改めて調べてみた。

やはり、「魔除け」らしい。
以下引用・・・

<市中を徘徊する魔物「マジムン」は直進する性質を持つため、T字路や三叉路などの突き当たりにぶつかると向かいの家に入ってきてしまうと信じられている。そのため、T字路や三叉路などの突き当たりに石敢當を設け、魔物の侵入を防ぐ魔よけとする。魔物は石敢當に当たると砕け散るとされる。>

へぇーそうなんだ。
と言う訳で、中国だけでなく、当然台湾やシンガポールにもあるらしい。
きっと、マレーシアにもあるだろう。

これは、石敢當を探しにマレーシアに行けってことだろう。
そういえば、マラッカで見た中華系のお墓は、沖縄の亀甲墓とよく似ていた。




瀬戸内の図書館にもやつはあった。
そうか、図書館も魔物から守られていたんだ。
通りで居心地のいい図書館だった。
確かにT字路のつきあたりだ。
d0083145_1454058.jpg



ようやく、休みだー


masaのフォトライブリー

人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
[PR]

by masa_kanpon | 2010-06-19 21:02 | 奄美な旅