安曇野カンポンLIFE 

kanponlife.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 31日

還ル

d0083145_2215656.jpg

都会に暮らしていると、たぶん生き物の死体を見ることはないだろう。
田舎に暮らし、川や山へ出かけると、ふいに生き物の死体に出会う。

病気か事故か、寿命か命尽き、命をつなぐ。
やがて自然に還る。

そんな営みに触れながら暮らすこと、僕はけっこう好きだったりする。
そんな体験をムスコくんにもさせてあげたい。


人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
[PR]

by masa_kanpon | 2009-03-31 22:08 | 安曇野な暮らし
2009年 03月 29日

今期初ヤマメも・・・

d0083145_19193998.jpg

まずは犀川本流・・・広すぎてどこをどう攻めていいのやら・・・。
岸際のたるみで小ウグイを数匹釣って早々に撤収。
どこかにモンスターがいるんでしょうが、やっぱりエッサマンにはちとツライ。

高瀬川の水量・濁りが丁度いい具合だったので、高瀬川へ移動。
水温11度ありウグイの当たりが連発し、活性が上がっている感じで、ヤル気アップ。
流芯の脇からようやく今期初ヤマメ。
8寸サイズとまあまあサイズに満足、やっぱりヤマメは嬉しい。


その後ほぼ同サイズのニジマスも3匹追加。
d0083145_19282469.jpg



更にと意気込んでいると、ずしりと重い手応え、大きくジャンプ。
確実40オーバー50未満サイズのニジマスヒット!
何度もジャンプをしのぎ、疾走をいなし、突進をかわしていたものの、足場が悪く流れが強かったので取り込みを焦ってしまい、バラシ・・・。

あーあー。
08といつもより太いハリスを使っていて、根ズレのチェックを怠っていたのが敗因。
去年も同じミスでデカイ魚を逃していたのに、またやってしまった・・・。

初ヤマメの喜びと、40アップバラシの悔しさ半々の高瀬川でした。
それでもだいぶ魚の活性が上がってきていて嬉しい。
犀川も高瀬川も小ウグイがウヨウヨ泳いでおりました。


こんなウグイも、みごと口に針がかり。
d0083145_19344481.jpg



犀川本流は釣り難く、僕には穂高・高瀬あたりがは向いております。
d0083145_1935361.jpg


DATA
川  犀川 & 高瀬川  水温10~11度
魚  ヤマメ1匹  ニジマス3匹  ウグイ小10匹ほど  40アップバラシ・・・
竿  天平硬調7.1  ハリ ヤマメ8号  ハリス 08号
餌  ミミズ  ブドウムシ  クロカワムシ   
 

人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
[PR]

by masa_kanpon | 2009-03-29 19:42 | 安曇野な釣り
2009年 03月 28日

寒中尺イワナ釣行

d0083145_20102955.jpg

まだまだなかなかに寒いけど、なんとか朝から晴れ。
本流・下流エリアはパスして、上流支流エリアでイワナ狙い。

水温4度ながら、コンスタントに当たりあり、さすがはイワナ。
他の魚は釣れないので、完全なイワナ域かも?
タモ網を一回使うと凍ってしまい、次の魚に使うために解凍せないかん・・・。

9寸サイズを2匹釣り、今期初の尺イワナまで。(↑の魚)
ミミズとブドウムシを併用するが、何故かいいサイズはブドウムシ。
んー何でだろう・・・たまたまかなぁ?

小さな支流ですが、偵察組あり、僕と入れ替わりでルアーマン3人。
魚が釣り切られないことを願うばかりです。

何はともあれ、非常に気分の良い釣行でした。
↓一度やってみたかったゼロ釣法的タモあみ写真撮影(友舟でキープ)
d0083145_20244341.jpg

DATA
川  某支流  水温4度
魚  イワナ  15匹(尺1匹・9寸2匹) : 元気にリリース
餌  ミミズ ブドウムシ(カインズホームでゲット:小さくて使い勝手ヨロシイ)
針  ヤマメ7号  ハリス06号



d0083145_20593374.jpg

フキノトウも収穫。
「フキノトウ」が成長して「フキ」になると気づいたのは去年のこと。
あの苦味が妙にウマイ。


d0083145_2124297.jpg

完全防寒装備のボク。
花粉症と寒風で鼻水ジュルジュル・・・。



人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
[PR]

by masa_kanpon | 2009-03-28 20:38 | 安曇野な釣り
2009年 03月 27日

早春雪

d0083145_2153476.jpg

朝から雪が降り続いた。
暖冬とはいえ、信州の冬は厳しく、春の訪れは遅い。

じわじわ春が近づいてきたかなーって油断すると、今朝のように反撃を喰らう。
じらしたり、かわしたり、なかなか一筋縄にはいかない。

それはきっと、春の喜びを大きくするための、ニクイ演出なんだろう。
感謝の気持ちを自然と持てるようにするための、気の効いた演出なんだろう。
たぶんね・・・。

とはいえ、寒い・・・。
魚の動きもまだまだ鈍い・・・が、くそ寒い中懲りずに川へ行ってしまう。


人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
[PR]

by masa_kanpon | 2009-03-27 22:00 | 安曇野な暮らし
2009年 03月 26日

プチ源流岩魚釣行

d0083145_18474267.jpg

雪など舞いながらここしばらく天候が安定せず、気温・水温も低いまま、しかも川には濁りまで入って、魚も人も活性は低いまま。

いっそう、鼻から岩魚狙ってみるべと、作戦変更。
犀川漁協エリア内某源流エリア、本当に細い流れ。
濁りはなし!

いやーこれが、狙い的中。
「ムフッ♪」って感じ。

とあるポイントに魚が集合していて、20センチほどの天然岩魚が短時間で5匹。
イワナの引きって、ヤマメやニジマスのそれとまた違う感じがいいですよねー。

ムフッ♪

みなさん川に即お帰りいただきました。
こんな脆弱な環境で魚を持ち帰ってしまっては、すぐに全滅してしまうでしょう。

源流イワナ釣りもおもろい!




DATA
魚  イワナ20センチぐらいを5匹
竿  天平硬調6.1    ハリス 06号   ハリ ヤマメ7号
川  某支流源流エリア  水温 4度
餌  ミミズ(小)1匹がけ


d0083145_18551832.jpg



人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
[PR]

by masa_kanpon | 2009-03-26 19:02 | 安曇野な仕事
2009年 03月 25日

微妙な距離感

d0083145_21583885.jpg

ムスコくんは動物が大好き。
特にワンコがお好きなようで。
散歩している犬を見かけると、いつも大喜びで寄って行く。
飼い主さんもそんなムスコくんを見て、微笑んでくれるのがまた嬉しい。

触りたいけど、なんだか怖い、そんな微妙な距離感。




同業者旅友と久しぶりにラーメンを食べに行ってきた。
長い旅を経験した者同士にしか分からない、旅の味を共有できることが嬉しい。
それは旅から長年経過しても同じ。
「カトマンのさー」みたいな。
お土産ありがとう。

持つべきものは、「同業者釣友」と「同業者旅友」ですねー。
仕事の話と同時に釣りの話、旅の話ができるのが嬉しい。


人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
[PR]

by masa_kanpon | 2009-03-25 22:08 | 家族
2009年 03月 23日

納得の1本

d0083145_21242631.jpg

DATA
魚 ニジマス44センチ
川 穂高川下流域
餌 ミミズ2匹がけ
竿 天平硬調6.1   ハリス 04号   ハリ アマゴ半スレひねり7号 


鼻曲がり胴太のなかなかいいニジマスです。
川は増水していましたが、去年も増水後にいい魚が釣れることがありました。
緩い流れを探し、エサを流します。
風が強く、振込みが上手くいきません。

オモリを重くして、やっと狙った流れに入った直後、スルドイ当たり。
まさかこのサイズがかかるとは想定していなかったので、ハリスは04号。
少々焦りつつも、じっくり時間をかけていなし、体力の消耗を待ちました。
どうにかタモ網に入った瞬間、ハリスが切れました。
アブナイ、アブナイ。

ノベ竿でこのサイズは本当にスリリングです。
04号で獲った魚としては僕の新記録です。


d0083145_21314122.jpg

さっと測って、さっと撮って、さっとリリース。
いやー納得の1本でした。
もう、これだから釣りは永久に止められません。


人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
[PR]

by masa_kanpon | 2009-03-23 21:35 | 安曇野な釣り
2009年 03月 22日

偶然ではないとしたら


d0083145_22281448.jpg
関西私鉄沿線のとある駅、
10年前僕たちのアジア旅はこの駅から始まった。

13時30分その駅にて、ふとそんなことを思い出す。
たくさんの期待と少しの不安で心が一杯な旅立ちだった。
帰国日は未定で、とりあえず1年以内。


d0083145_22183312.jpg

電車が入線しとある車両に乗ると、
目の前に西洋人のバックパッカーカップルが座っている。
ロンリープラネットのジャパンを見ながら。

その偶然に我ながら驚きながら、またいつか旅がしたいと思う。
駅の雑踏に消えていく二人、どんな旅が続くのだろうか。


d0083145_2225525.jpg

安曇野に戻ると冷たい雨が降っていた。
僕には都会の雑踏より田舎の空気が肌に合う。
さて、明日からまた仕事だ。



人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
[PR]

by masa_kanpon | 2009-03-22 22:29 | エトセトラ
2009年 03月 20日

奄美交通

d0083145_22342556.jpg

サトウキビ畑を走り抜ける奄美交通のバス。

よく乗ったけど、はっきり言ってバスは古いし、振動は大きいし、稀に故障するし、それはどことなくアジアのバスに乗っているような気分で、僕はとても好きだったし、バスの車窓から眺める奄美の景色は、まるでアジアそのものだった。

またいつか乗れる日があることを。


人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
[PR]

by masa_kanpon | 2009-03-20 22:40 | 奄美な旅
2009年 03月 19日

日本を降りる若者たち

d0083145_22113495.jpg

昨日に引き続き愛読書の紹介です。
「日本を降りる若者たち」 下川裕治氏の著書です。
下川氏の本も大好きです。
数多くの著書が既にありますが、ほとんど読んでいると思います。
次の一冊が待ち遠しい。

僕たち夫婦の長い旅から10年が経とうとしています。
10年という年月は、長くはないかもしれないけど、短くもない時間。
子どもも生まれた、家のローンもある、仕事も順調、何ら不満はない、というより幸せを実感する日々。

だけど、心の中には旅の途中であるという意識も同時に確かにあって、旅の一コマ一コマを思い出し、よく二人で話をしたりもします。

テレビでアジアの街並みの映像が流れたりなんかすると、即座に二人とも旅中毒発作が起こりそうになって、かなり危険な状態に陥ります。

これはもう性(さが)なので仕方がないのです。
ネパールにような景色の中で暮らしているのに、贅沢といえば贅沢な話。
さて、次の目的地は・・・。



人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
[PR]

by masa_kanpon | 2009-03-19 22:25 | 活字中毒的愛読書