安曇野カンポンLIFE 

kanponlife.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 31日

職場訪問(変な顔・・・)

d0083145_2228016.jpg

ムスコ君、初めてオヤジの職場(特別養護老人ホーム)訪問。
利用者も職員も大喜び。
最初凍っていたムスコ君も、慣れてくると意気揚々と施設内を闊歩。

オヤジの仕事、ムスコ君にとってはまだまだ意味不明だけど、これからもちょこちょこ連れていこうと思っています。

オヤジのPC前に座って、大喜びのムスコ君。
そこで日々オヤジは仕事してますのよ。
このあとマウスを離さず、難儀しました・・・。

物事の分別が分かるようになったら、僕の仕事をちゃんと説明してあげようと思います。
彼はどんな仕事に就きたいと思うんだろうなぁ。
楽しみだなぁ。


人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2008-10-31 22:38 | 家族
2008年 10月 30日

大銀杏

d0083145_2211209.jpg

北安曇郡池田町長福寺の大銀杏。
樹齢は100年以上らしい。
高瀬川を挟んだ安曇野からも見える、その大きさ。


これほど大きな銀杏は初めて見た。
実は池田町には穴場スポットが多い。
d0083145_22131569.jpg


本日も晴天。
完璧な黄色。
d0083145_22135625.jpg

どうして、ここまで黄色くなるんだろう。
人々に秋が終わり冬が始まることを教えるためか、自然界からのご褒美か・・・。
それは科学的には証明できるのだろうけど、ここまで美しいと、科学的な証明というものはあまり意味が無い気もする・・・。


人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2008-10-30 22:17 | 安曇野な暮らし
2008年 10月 29日

チェス

d0083145_2224637.jpg

アジア旅の途中、マレーシア東海岸の街コタバルのメノラゲストハウスで旅人からチェスを教えてもらった。

すぐにショッピングセンターで携帯用のチェスを手に入れて、僕たちはゲストハウスの部屋や屋上で、移動中の乗り物の中で、乗り物の待ち時間にチェスをしていた。

旅の時間と言うものは基本的に「暇」な時間の繰り返しで、その膨大な時間の過ごし方の一つがチェスだった。

だから、何気にチェスを見かけたりなんかすると、僕はその旅の時間をリアルに思い出し、妙に切なくなったり、恋焦がれるような気持ちになったりして、その気持ちのやり場に相当に困ってしまうのであった。


人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2008-10-29 22:34 | 亜細亜な旅
2008年 10月 28日

初冠雪と認知症ケア研修会

d0083145_22291857.jpg

昨日北アルプスが初冠雪。
今日は雲がかかっている時間が多かったけど、やっぱり美しい眺め。
今朝の自宅前からの蝶ヶ岳。
あまりクリアな写真ではありませんが、あしからず。


勤務後にメンタルケアセンターと、包括支援センター主催の認知症ケア研修会に出席。
事例発表を済まし、一段落一安心。
果たして僕の発表が聞いている人にとってどうだったか・・・。
伝えたいことを伝えることは簡単ではないし、そもそもまだまだ僕には力量不足。

もっと時間が欲しかったし、もっと言いたいこともあったけど、今の僕の力量で、今の僕の想いのある程度は言葉にできたんじゃないかなと。

よく「その人らしい暮らし」とか、「自分らしい生活」とか言われるけど、そもそも「その人らしい暮らし」、「自分らしい生活」って、どんな暮らし・生活なんだろう?

特別養護老人ホームでのそれって、更にどんなもの何だろう?
事例を整理してまとめる中で、そんなギモンがふと浮かびました。

きっと、それを求めて仕事をしていけばいいんだろう、そうとも思いました。

このたびは信州にて関西弁での発表、お聞き苦しい場面もあったかと思いますが、失礼いたしました。電話で「はいもしもし」だけで既にイントネーションが違うらしい・・・。


d0083145_22355742.jpg



人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2008-10-28 22:44 | 安曇野な暮らし
2008年 10月 27日

どんぐり

d0083145_22262873.jpg

職場の裏山からドングリがたくさん転がってきていた。
秋が深まってきました。
今朝、雲がとれると北アルプスが初冠雪していました。(←本日写真なし)
いよいよ冬の足音が微かに聞こえてきました。


明日は職場の施設にて、地域の総合病院付属メンタルケアセンターと包括支援センター主催で認知症ケアの研修会が開催されます。

恐れ多くもワタクシ事例発表者です。
ただいま、原稿の最終チェック中。
さてさて、どうなることやら・・・。


人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2008-10-27 22:32 | 安曇野な暮らし
2008年 10月 26日

止まらない男

d0083145_2247268.jpg

スーパーのキッズコーナーで暴れるムスコ君。
スーパー内を暴走し、親を置き去りにするのは止めて下さい。
誰に対しても、必殺スマイル攻撃は良しとしましょう。

寝てる時と、ウンチをきばっている時意外は基本的に動き続けているムスコ君。
キープ・ムービングなのね。
君はカツオか、マグロか・・・。

お手柔らかにお願いします。
僕たち、そんなに若くないので。

世間の男性の皆さま、仕事も大変ですが、育児と家事は間違いなく重労働です。
僕はそう思います。

なかなかにしんどいし、昔のように何でも買ったり、気ままに旅行に行く余裕はありませんが、ムスコ君との家族3人の暮らしは、日々なかなかに楽しく、感動と喜びの暮らしです。(でも、やっぱり、しんどいですが・・・)

今日は一日強風でした。
ムスコ君は、風で揺れる枝と葉っぱを不思議そうに眺めておりました。
どんな風に見えるのでしょうね。

久しぶりに電気屋さんに行くと、使用用途の分からない物品が多数ありました。
どんどんとモデルチェンジして新商品はでるしねー。
とはいえ、物欲を刺激されますね・・・。


人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2008-10-26 22:59 | 家族
2008年 10月 25日

スタバの缶コーヒー

d0083145_23321137.jpg

ホットの缶コーヒーが飲みたくなる季節になってきました。
コンビニでスターバックスの缶コーヒを発見、即購入。
高かったけど。
178円もしたさー。
マロヤカナ味でした。


人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2008-10-25 23:33 | 安曇野な暮らし
2008年 10月 23日

2008渓流回顧録 

d0083145_2150102.jpg

最大フィッシュ   ニジマス60センチ↑(0.6号アリエナーイ・シンジラレナーイ)
釣行回数      不明・・・
釣果匹数      不明・・・
ノーフイッシュ   2回
尺上ヤマメ     4本
最大喜び魚    ヤマメ38センチ↓(精悍なお顔に惚れました。)


たくさん釣りをして、たくさんの魚に出会えました。
たぶん300匹以上。
エサ釣りで通して、エサ釣りの奥の深さと、楽しさ、可能性をひしひしと感じました。
何よりノーフィッシュ率の低さがエサ釣りの強みの一つ。
ウグイのみはありますが・・・。

エサの流し方、糸の太さ、針やオモリの大きさ、エサの種類、そのバランス。
ポイントの見極め方、当たりの取り方、魚のいなし方。
まだまだ釣果は伸びる余地があります。

エサ釣りだと、どうしてもウグイが連発してしまう時があります。
時として10連発とか・・・。
連発し出したらポイントを移動した方が良さそうです。

ミニサイズのニジマス・ヤマメは、それこそ次から次へと釣れました。
大きく成長しますように大事にリリース。

60センチのニジマスは運が良かった部分と、一応、その時点で身につけた力量を最大限に発揮しての結果の両方でしょうか。

尺上ヤマメ4本、最大ヤマメ38センチは我ながら上出来です。
来期の目標は尺上ヤマメ5本のヤマメ最大40センチアップで。

あと、写真撮影はどうしても魚を傷めるので、できるだけ素早くあっさりと。
そして、何より魚を育む身近な河川環境を大切に。

d0083145_21593819.jpg



人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2008-10-23 22:14 | 安曇野な釣り
2008年 10月 22日

川チェック

d0083145_22365849.jpg

とある支流。
イワナが潜んでいそうな流れ。
家からも近い。
漁協の看板もあったのできっと魚はいるに違いない。
来シーズン早々に狙ってみましょう。

熊に注意ね。
猿には会ったけど。

春には山菜も採れそう。
秋はキノコも採れるかもね。


人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2008-10-22 22:47 | 安曇野な釣り
2008年 10月 21日

祈り

d0083145_2157457.jpg

アジアを旅していた時、その国、その街で祈る人々にたくさん出会った。
仏教寺院で、モスクで、ヒンズー寺院で、教会で。
どこの国にも、どこの街にも祈る人々の姿があった。
その姿を僕は「美しい」とその時感じた。


翻って、日本ではあまり日常の姿ではない気がする。
国が豊かになったことと比例して、少なくなってきているのだろか。


安曇野には手を合わせたくなるお地蔵さんを多く見かける。
そんな土地なのだろうか。


人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2008-10-21 22:05 | 安曇野な暮らし