安曇野カンポンLIFE 

kanponlife.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 29日

ネパールの気になるニュース

d0083145_22244143.jpg


ネパールに対して国連がPKOの一環として軍事監視団の派遣を調整、日本政府に自衛隊の派遣を要請しているとのこと。政府としてもPKO協力法に基づく派遣を検討に入るらしい。

ネパールは政府とマオイスト(毛沢東主義派)が内戦状態に入り、一時期戒厳令まで発令され多くの死者も出ています。今は両派が包括平和協定を締結しています。

僕たちが旅した頃は、そんな空気はほとんどなく気ままに旅をすることができました。
そんな楽しい旅をした国が、数年後には内戦状態に入り、ついにはPKOまで派遣とは・・・。
ちょっと想像できません。

やっぱり旅した国の情勢はとても気になります。
その国々で出会った人々の顔が具体的に浮かびます。
「どうしているだろう?」「無事だろうか?」と。
今、日本での生活を普通に送りながら、この同じ時に全く違う世界が存在していること、
そのことを実感します。

写真の彼も、もういい青年に成長しているんでしょうね。

ネパールに自衛隊派遣要請 ⇒ エキサイトニュースより


人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2006-11-29 22:47 | 亜細亜な旅
2006年 11月 29日

んん?

d0083145_23454742.jpg

んん? 何だ?

d0083145_23495556.jpg

んんーん!?

d0083145_23503322.jpg

んーーーー!!!!!!


安曇野市穂高の小岩岳に子牛さんがいます。
何でも、北アルプス牧場の乳牛の子どもを育てているとか。
とてもかわいいですよ。
たまに放牧してます。

d0083145_23581734.jpg

ここの牛乳とソフトクリームは絶品!


人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2006-11-29 00:08 | 安曇野な暮らし
2006年 11月 27日

カエデ散る

d0083145_2355392.jpg

今日の安曇野は一日雨でした。
奄美から来た僕たちには、安曇野の雨はとても優しく感じます。
奄美の雨はスゴイですよ。
でも、今年は雨不足で非常に難儀しているとのことですが。

庭のカエデはほとんど散ってしまいました。
散ったカエデの葉が雨に濡れ、艶っていました。

雨にもかかわらず暖かい一日でした。
暖かい気温で雨が降ったので、山からはたくさんの水蒸気が発生して幻想的でした。
(↑写真なし・・・)

d0083145_23212552.jpg

車の屋根にもカエデが散ります。
カエデを付けたまま走っています・・・。

生活の中に紅葉が存在するのは初めての経験で、
これほどまでに「秋」を感じたことはありません。
本当にいい秋でした。


人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2006-11-27 23:40 | 安曇野な暮らし
2006年 11月 26日

スンガイ・コーロック

d0083145_22512478.jpg

初めて陸路で国境を越えたのは、タイとマレーシアの国境です。
タイ側をスンガイ・コーロック、マレーシア側をランタウ・パンジャンと言います。

タイの首都バンコクからタイ国鉄の夜行列車に約20時間、
アジアの風景を鉄道の窓から眺めながら、
ゆっくりとマレー半島を南下。

タイ南部の都市ハジャイを越えると、
少しずつイスラム色が出てきて、人々や街の風景が変わりました。
その変わっていく風景を見ながらマレーシアに近づいていることを感じていました。

スンガイ・コーロックの駅からイミグレーションまで約1キロ、
僕たちはザックを背負って歩きました。
そして、最初の国境越え。

マレーシアの国境警備員は、「Welcome to Malysia」と言ってくれました。
その言葉と笑顔が忘れられません。
その日は僕の27歳の誕生日でした。

d0083145_22505065.jpg

バンコク中央駅であるフォアランポーン駅。
構内の喧騒がよみがえります。
客引きが多くて少々ウンザリでしたが。
ここのフードコートは美味しいんですよ。

マレーシアへの旅の出発点。
マレーシアとシンガポールを旅して、約2ヵ月半後またこの駅に戻りました。
しばらくバンコクでうだうだ過ごし、
再びこの駅から今度はラオスへ向かいました。


人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2006-11-26 23:13 | 亜細亜な旅
2006年 11月 26日

晩秋の秋晴れな一日

d0083145_0565427.jpg

日付が変わってしまいましたが、昨日は久しぶりに快晴の一日でした。
晩秋の秋晴れといったところでしょうか。

朝起きて日差しを感じると、僕もクニオもじっとしていることができません。
とりあえず、外へ。

青空を確認すると、僕もクニオも散歩せずにはいられません。
とりあえず、近所の森を散歩。

自然を身近に感じる生活、そんな生活は僕の心を満たしてくれます。
クニオの心も満たされているようです。


d0083145_105950.jpg

「さあ、行くか」とクニオ。

d0083145_133694.jpg

この森の中の木漏れ日が気持ちいい。


人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2006-11-26 01:07 | 安曇野な暮らし
2006年 11月 24日

バスケットでもしますか?

d0083145_21224571.jpg

バスケットでもしますか?
実は僕もtakaも元バスケット部。
ポジションはベンチ・・・。

安曇野市堀金の道の駅の裏にバスケットゴールがあります。
先日takaと久しぶりにバスケットをしたら、
僕だけバテバテでした。

ここからの山の眺めも最高です。
子ども達が隣りの公園でのびのびと遊んでいました。

いじめや自殺の報道を毎日見聞きします。
心が痛みます。
いくら事件のあと「命の大切さ」を説いても遅い・・・。
そんな言葉は響かない気がします。

大人の社会が裏金や、やらせや、裏切りやでは、
子どもに見本を見せることはできない気がします。

奄美で知り合った「せめなつ一家」。
僕はこの一家の幸せ一杯の二人の子どもの写真がとても好きです。
家族が幸せであることはとても大切です。
君から貰った鍬はまだ持ってるよ。
また会いたいね。
シビは旨かったなぁ。

とりとめのない記事でスイマセン。


人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2006-11-24 21:55 | エトセトラ
2006年 11月 23日

雪とパイナップル

d0083145_19481086.jpg

安曇野市内のとあるファミレスに入り、窓際の席に座って窓から外を眺めると、
雪化粧して雲をまとった美しい常念岳が正面に見えました。
刻一刻と微妙に雲の姿が変わり、景色も違って見えます。

こんなに眺めのいいファミレスもそうないでしょう。
それにしても、ネパールのポカラにそびえるマチュピチャレになんとなく似ています。
あの山もネパーリーにとって聖なる山でした。

d0083145_19552433.jpg

「雪とパイナップル」、これも「がんばらない」と同じ鎌田實さんの著作です。
チェルノブイリで被爆した少年と、その家族、家族を支援する人々のお話。
絵本なんですが、もしかしたら大人が読みべき本かもしれません。

平和であること、人々が安心して平穏に暮らすことができること、
そのことがどれほど尊くて大切なことであるか、僕は改めて考えてみました。
答えなんて無いんだけれども、一人一人が考えることは大切だとも思います。
想いを馳せること、想像すること、そこから思いやりも生まれる気がします。

d0083145_2025050.jpg

今日も平和な一日でした。


人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2006-11-23 20:04 | 活字中毒的愛読書
2006年 11月 22日

霧の朝

d0083145_2225397.jpg

朝新聞を取りに玄関を一歩出ると、真っ白な世界が広がっていました。
とても幻想的な世界です。
これほどの霧の世界をこれまで経験したことはありません。

朝どんな世界が広がっているのか、最近けっこう楽しみです。
いよいよ寒くなってきましたけど。
北海道は雪降ってますね。

d0083145_2262983.jpg

道の先が見えねぇだよ。
ところで、今年の冬は暖冬らしいです。
ほんまかどうか実際分かりませんが、安曇野一年目の僕たちにはありがたい話です。

人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2006-11-22 22:16 | 安曇野な暮らし
2006年 11月 21日

安曇野の気になる店

d0083145_22161460.jpg

安曇野の北穂高の交差点にある気になる店。(大糸線有明駅前)
ブラジル食品を扱っている店のようです。
それだけ、安曇野にも多くのブラジル人が暮らしているってことなんでしょうね。

ジャスコや駅でも多くの外国人の方を見かけます。
もはや数少ない存在なのではなく、
安曇野という同じ土地で生活している大切な隣人なんだと思います。

彼らの生まれた土地に想いを馳せると、それはとても遠く感じてしまいます。
気候も文化も全く違います。
たくさんの苦労や悩みもあるんだと思います。
でも、今同じ景色で生活している、そのことを大切にしたいと感じます。
上手く書けませんが・・・。

それはさておき、
インターナショナルフードの文字が更に気になります。
とりあえず近々覗いてみたいと思っています。

人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2006-11-21 22:44 | 安曇野な暮らし
2006年 11月 20日

雨上がりの森散歩

d0083145_22591173.jpg

安曇野は一昨日から雨が続いていました。
安曇野の雨はシトシトと降り続く優しい雨に感じます。
あと1ヶ月もすれば、この雨が雪になるのでしょうね。

クニオさんも雨で散歩できず少々ストレス溜めてましたので、
雨の合間に近所の森を散歩しました。
雨上がりの森は密かに優しい空間でした。
仕事の疲れも自然と抜けるかのようです。

d0083145_2383023.jpg

クニオ喜ぶの図。
落ち葉の柔らかい感触が気持ちいい。
森の姿は変わらぬようで日々違います。
今日は少し寒さが和らいだようです。

人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2006-11-20 23:29 | 安曇野な暮らし