安曇野カンポンLIFE 

kanponlife.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 08日

尺7寸ニジマス  高瀬川リベンジ完結

d0083145_21413821.jpg

同業者釣友Fより「デカイやつはいつ来るかもしれんので、バッチコイで釣らないかん」と、もっともなアドバイス。

そやなーとバッチコイで、竿を振る
魚の活性が上がり中層でウグイがエサをつつく
オモリを重くして根がかり覚悟でエサを底へ沈める
エサはブドウムシ

目印が止まる
根がかりか当たりか分からない
とりあえず合わせる

魚のリアクションが竿に伝わる
んっちょっとデカイか?

一気に魚が流れに乗り下流へ走る
腰を落とし、竿を寝かせ、ズームを伸ばし、必死に耐える
魚の動きが止まる
半ば強引に引き寄せ、主導権を握る

ハリスは08号、切れる太さではない
暴れまくる魚をいなし、弱るのを待つ
竿が元竿から満月にしなる
糸が鳴る
もう同じ失敗は繰り返さない

渓流用のタモ網から尾びれが飛び出すニジマスは51センチ、オス、尺7寸
支流の魚とは思えない太さと重量感
文句なし
リベンジ完結


竿は愛用しているシマノの天平7.1、大物対象の本流竿ではないけれど、この竿よくねばってくれる。デカイ魚を上げると、竿への信頼と愛着が増す。6.1だととれなかったかもしれない。


とはいえ、この時期にこのサイズがとれるとは思わなかった。
気温もグングン上がり、いよいよ本格的に魚が動き出した感じ。
ニジマス、イワナ、ブラウンと尺物を上げたので、次はの狙いは本命尺ヤマメ、でも今期まだヤマメは一匹しか釣ってない・・・。



人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
[PR]

by masa_kanpon | 2009-04-08 22:02 | 安曇野な釣り


<< 夕方散歩      足元 >>