安曇野カンポンLIFE 

kanponlife.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 23日

2008渓流回顧録 

d0083145_2150102.jpg

最大フィッシュ   ニジマス60センチ↑(0.6号アリエナーイ・シンジラレナーイ)
釣行回数      不明・・・
釣果匹数      不明・・・
ノーフイッシュ   2回
尺上ヤマメ     4本
最大喜び魚    ヤマメ38センチ↓(精悍なお顔に惚れました。)


たくさん釣りをして、たくさんの魚に出会えました。
たぶん300匹以上。
エサ釣りで通して、エサ釣りの奥の深さと、楽しさ、可能性をひしひしと感じました。
何よりノーフィッシュ率の低さがエサ釣りの強みの一つ。
ウグイのみはありますが・・・。

エサの流し方、糸の太さ、針やオモリの大きさ、エサの種類、そのバランス。
ポイントの見極め方、当たりの取り方、魚のいなし方。
まだまだ釣果は伸びる余地があります。

エサ釣りだと、どうしてもウグイが連発してしまう時があります。
時として10連発とか・・・。
連発し出したらポイントを移動した方が良さそうです。

ミニサイズのニジマス・ヤマメは、それこそ次から次へと釣れました。
大きく成長しますように大事にリリース。

60センチのニジマスは運が良かった部分と、一応、その時点で身につけた力量を最大限に発揮しての結果の両方でしょうか。

尺上ヤマメ4本、最大ヤマメ38センチは我ながら上出来です。
来期の目標は尺上ヤマメ5本のヤマメ最大40センチアップで。

あと、写真撮影はどうしても魚を傷めるので、できるだけ素早くあっさりと。
そして、何より魚を育む身近な河川環境を大切に。

d0083145_21593819.jpg



人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2008-10-23 22:14 | 安曇野な釣り


<< スタバの缶コーヒー      川チェック >>