安曇野カンポンLIFE 

kanponlife.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 22日

逃した魚はデカイ・・・ドラマ魚逃す・・・

d0083145_19295617.jpg

さて、梓川や奈良井川に初挑戦しようかとも思ったが、全く土地勘も無く時間のロスが大きいので、毎度毎度の穂高川に万水川と高瀬川をはしごする。

でも、やっぱりメインは穂高川。
濁りが入ってしまったけど、釣りができるレベルの濁り。

今日もヤマメにニジマス、ウグイと合わせて20匹以上コンスタントに釣れて来る。
デカイやつの気配がないので、針とハリスのサイズを落とす。
これが、のちのちの後悔になるとは・・・。

今日もまずまず釣れたし、そろそろ終わろかなって思っていたときに、小さな当たり。
「ほい」っと軽く合わせる。
「くくっ」と魚が乗った手応えあり。
「ほい」と竿を立てる。
「くん」とやや重み、「んっ」少しサイズいいかも。(まだ余裕)
「すー」と魚が僕に向かって来る。
「あれあれ」と糸が弛む。(まだ余裕)

とその瞬間、魚が水面を割って大きくジャンプ!
「なんや!」(唖然)
糸のテンションが無くなり、あっけなく針が外れる。

釣り人に突進してジャンプして針を外すとは・・・
針の外し方を知っているのか。
あんな飛び方初めて見た。

確実に40アップのウルトラヤマメ・・・。
そんなぁ・・・。
ヤマメってデカイと飛ぶとは聞いてたけど・・・。
サクラマスも飛ぶらしいけど。

針を5号→10号、糸を0.4→0.8号に上げ、ミミズの房掛けでヤツを狙う。
グンっと力強い当たり。
もしやっと緊張するものの、35センチほどのニジマス。↓
君じゃないんだ・・・。
d0083145_1943226.jpg

これで明日も出勤前釣行決定やん。
狙いは40アップウルトラヤマメ一本。
デカヤマメや遡上系の魚はしばらく居つくという。
ならば、ヤツはまだいるはず。

もう数はいい。
シーズンの残り狙うはヤツのみ。
このままでは終われない。
恐るべし穂高川・・・。
悔しいなぁ・・・。



川原でいいニオイがするので探してみると、ミントでした。
d0083145_19482644.jpg



人気blogランキングへ
[PR]

by masa_kanpon | 2008-09-22 19:58 | 安曇野な釣り


<< 尺上イワナで今期尺上渓魚ハット...      今日も好調の穂高川 >>