2011年 04月 14日

タカラモノ

d0083145_1151164.jpg

4月13日・・・今年もまたこの日がやってきた。
12年前の今日、僕たちはアジアへ旅立った。
そう、タイはソンクラーンの頃。
その旅は12月まで9か月に及ぶ旅となった。


二人で同じ時間を過ごし、同じ空気を感じ、同じものを見て、同じものを食べ、同じ音を聞き、同じ文化や価値観に触れ、多くの旅人やアジアの人たちと触れ合った。


そうか、もう12年になるのか。
さすがに12年という年月は短くは無い。
その間に住む土地や仕事が変わり、ムスコくんが生まれ、そのムスコくんは元気に保育園へ通っている。僕はケアマネしながら犀川でニジマスを釣っている。


旅の細部は記憶から消えてしまっている部分もある。
脳ミソのキャパが限られている以上、それは仕方のないことだけれども、とはいえ、切ないというか寂しい気持ちにもなる。


長い長い人生の中に、そんな1年があってもいいだろう。
あの時にしかできない旅だった。
あの時だからこそできた旅だった。
その後のこれまでの僕たちの人生は、あの旅の延長線にあって、それはこれからも変わらないだろう。


旅から僕たちが得たもの。
それはこの同じ時間に様々な土地で、様々な文化や価値観のもと、様々な人たちの暮らしが営まれていることを知ったということ。それをいつも感じながら僕たち自身が今を暮らしているということ。


being on the road
いつまでも途中であるということ。


ムスコくんがもう少し大きくなったら、旅の写真を見せながら、昔パパとママはこんな旅をしてたんだよって教えてあげたいと思う。






東南アジア編とネパール・沖縄編の2冊。
一生のタカラモノ。
僕たちの旅がここに詰まっている。
そして、二人の心にも。
d0083145_11502723.jpg






masaのフォトライブリー

人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
blogramランキング参加中!
[PR]

by masa_kanpon | 2011-04-14 17:52 | 亜細亜な旅


<< うーん・・・ニジマスのみ釣果更新中      springtime has... >>