安曇野カンポンLIFE 

kanponlife.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 14日

常盤橋

d0083145_1157717.jpg

穂高川にかかる常盤橋の架け替え工事が去年から始まっている。
石の橋で相当古いらしく、竣工は昭和36年だとか。
どこへ抜けるにも便利は道で、交通量もかなり多い。
老朽化が進み橋は揺れるし、ヒビは入っているし、狭くて見通しは悪いしで、架け替えは妥当なんだろう。


で、この橋の上流にはとてもいい淵があって、何度もいい思いをさせてもらった。
常にニジマスとウグイは入っていて、遡上期にはいいヤマメが付くこともあった。


淵頭の瀬から淵尻まで20メートル以上はあったと思う。
深みもあってテトラが入っていたので、攻め甲斐のある淵だった。


その淵は完全に埋まってしまった。
仕方がないこととはいえ、やはり寂しい。
昨年は一つ上流の穂高橋でも工事があり、上流からの砂の堆積も重なり橋下の淵が埋まった。
更に上流の乳房橋でも工事が始まっている。
起伏がますます無くなり、穂高川での釣りは、ますます厳しくなりそう。


そんな思いを持ちながら、この工事を見つめるの一部のは釣り人だけだろうけれど。
日本の工事技術は凄いなって思ってしまう。
きっと、使い勝手のいい橋ができるに違いない。



masaのフォトライブリー

人気blogランキングへ
安曇野情報ブログランキング
渓流釣りブログランキング
blogramランキング参加中!
[PR]

by masa_kanpon | 2011-01-14 22:28 | 安曇野な釣り


<< 雪      真冬日 >>